突然、職場をクビになった

突然の解雇の場合、30日分以上の平均賃金を受取る事が出来ます

突然、職場をクビになった場合、労働基準法で30日分以上の平均賃金を労働者に支払わなければならない旨が定められております。この際に支払われる金銭のことを解雇予告手当てといいます。

言われるがまま退職届を出してはいけません

会社は貴方を解雇する際、通常退職届の提出を求めてきます。退職届を提出してしまうと会社は、解雇ではなく自主退社であるとして解雇予告手当ての支払いを拒否する場合がありますので、会社に求められたからと言って、すぐに退職届を出してはいけません。

解雇予告手当ての請求は内容証明郵便で

会社から解雇されたら、速やかに解雇予告手当ての請求をしましょう。会社から「無断欠勤が重なった為、解雇した」等と後日言われない為にも、解雇されたら速やかに内容証明郵便で解雇予告手当ての請求をしましょう。その際、いつ相手方に内容証明郵便が届いたかを明らかにする為に、配達証明を付けることをお忘れなく。