賃貸に関するトラブル

悪質賃借人の対処方法

悪質な賃借人に食い物にされていませんか?

今、賃貸している不動産の収益は健全ですか?家賃の不払いはありませんか?
家賃の不払いを抱えている大家様は、悪質な賃借人との交渉を不動産屋任せにしていませんか?家賃を何ヶ月も、ひどい時は何年も受け取れず、最終的には立退き費用まで支払っているケースもあります。速やかに対処しましょう。

悪質な賃借人は、まず訴えましょう

家賃の支払を何度催促しても支払わないのですから、悪質な賃借人には、話し合いよりも、まず訴える事をお勧めします。話し合いはそれからです。不動産屋にお願いして、何度も内容証明郵便を送っている大家様をよく見ますが、一度で駄目なら諦めて訴えましょう。

訴訟手数料は20万円で承ります

訴訟となるといくら掛かるんだろう?と心配なさると思います。当事務所では、悪質な賃借人に対する訴えを20万円(交通費・実費別。仮処分は別料金。)の定額で承ります。当事務所の訴訟手数料は定額ですので安心してご依頼下さい。

敷金トラブルについての対処方法

敷金がちゃんと戻ってきていますか?契約内容は、一方的に不利益ではありませんか?

アパートや家を借りる際に、通常、賃貸借契約書を作成しますが、その内容をしっかりと読んだ事がありますか?1度も読んだ事が無かったら、1度は目を通して下さい。
契約書をよく読むと借主にとって一方的に不利益な内容がたくさん書かれていませんか?例えば、「賃料の支払いを1回でも怠ったら、貸主は、催告無く賃貸借契約を解除出来る。」とか、「賃料の支払いを怠った場合、貸主は、借主の承諾を得る事なく、本物件に立ち入る事が出来る。」とか。

諦める前に、もう一度、その契約書をよく読んで下さい。何かおかしいかもしれません

法律の知識が無い方が、実際に賃料の支払いを怠った場合、大家さんが契約を解除したり、部屋に無断で入ってきても、『契約書に書いてあるんだから仕方がない』と思ってしまいませんか?でも、それは、ちょっと違います。もともと、部屋を借りる際には、その契約書通りに契約しなければ、部屋を貸してもらえない訳ですから、大家さんと借主では、大家さんが圧倒的に強い訳です。そんな契約を何でもかんでも押しつけられてしまったら、世の中は本当に弱肉強食になってしまいます。法律はそんなことは絶対に許しません。何かおかしいと思ったら、当事務所へお気軽に相談下さい。