少額訴訟 裁判

司法書士は、弁護士と同様、簡易裁判所で訴訟代理人となることが出来ます。お困りの方が少しでも相談し易い様、手数料は少し安めに設定しております。良く相談を受ける内容をいくつかご紹介します。これら以外でも、相談を承りますのでお気軽にご相談下さい。

家賃を滞納している賃借人を追い出してもらいたい

大家さんから、この様な相談を受けることがよくあります。大家さんにとって、家賃滞納は深刻な問題ですので、この様なケースでは、速やかに内容証明郵便を発送した後、裁判所へ訴訟を提起します。

滞納家賃を回収してもらいたい

この様な場合、賃借人の職場が分かっているケースが多いので、訴えを提起して判決をとり、賃借人の給料を差し押さえる準備をします。

お金を貸したけれども返してくれない

この様なケースでは、相手が他にも借金をしている可能性があります。訴訟をして回収する見込みがある場合には、速やかに裁判所へ訴訟を提起します。訴訟をしても費用倒れになるおそれが高い場合には、長期間に渡ることを覚悟して、話合いにより、少しずつ回収することを目指します。

過払金を回収してもらいたい

以前サラ金から借金をしていた方は、その期間が長期に渡る場合、利息の払い過ぎによりお金が返ってくる場合がありますが、個人が交渉してもなかなか難しいのが実情です。その様な場合には、当事務所が代理人となりサラ金を訴え過払金の回収をします。

サラ金から訴えられた

サラ金から借金をしていて返済に行き詰まり、訴えられる場合があります。この場合には当事務所が代理人となり、訴訟手続を代行します。

手数料は20万円です。

手数料は20万円です。但し、切手代や収入印紙代、交通費代は別途です。相場が分からないと高いと思われるかもしれませんが、少し安めだと思います(笑)。手数料を均一で明示している事務所もほとんど無いと思います。但し、この金額で裁判をするのは当事務所にとって経営的にかなり厳しいのが現実です。申し訳ありませんが、簡単なことは、ご協力頂くことがありますのでご了承下さい。