相続放棄

故人に借金がある場合や、相続人の内の1人に不動産を取得させたい時などには、相続放棄を利用する方法があります。相続放棄については、勘違いをしている人がとても多いので、いくつかご紹介します。

相続放棄をしても借金は相続する?

相続放棄は、3ヶ月以内に、家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。よく遺産分割協議と相続放棄を間違えている人がいますが、全く別物です。遺産分割協議とは、簡単に言うと、相続人全員で、誰が故人の財産を取得するか話し合いをすることです。この遺産分割協議で、何も貰わなかった方が「相続放棄をした」とおっしゃることが良くありますが、これは相続放棄ではありません。
家庭裁判所で、相続放棄をしていなければ、故人に借金がある場合、借金を相続してしまうことになります。

3ヶ月過ぎてしまったら、相続放棄できない?

原則出来ません。但し、以下のとおり、いくつか例外があります。これは自己判断がとても難しい問題ですので、必ず専門家に相談して下さい。
1. 被相続人(故人)が亡くなったことを知らなかった。
2. 自分が相続人であることを知らなかった。
3. 被相続人の財産について、認識がなかった。

3ヶ月過ぎて、借金がある事が分かったら

亡くなられてから3ヶ月経って、借金の督促が来たというのは、よくあることです。この様なケースでは、かなり難しい問題となります。ここは、法律と家庭裁判所での実務運用が、かなり異なる部分ですし、後日争いになった場合にも、裁判所での判決にバラつきがあるところですので、必ず専門家に相談して下さい。

やはり3ヶ月以内に相続放棄するのがベストです

相続放棄は原則3ヶ月以内にしなければならない事になっておりますので、後日の無用な争いを避けるためにも、やはり3ヶ月以内に相続放棄するのがベストです。3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいますので、速やかに手続をしましょう。

相続放棄の手続きの流れ

  1. 当事務所へ来所又はTEL、メールにて相談。

  2. 戸籍等、必要書類の収集。
    ※当事務所で取得代行も承ります。

  3. 当事務所で必要書類を作成。

  4. 必要書類に押印して頂きます。その際、手続費用を当事務所へお持ち下さい。
    ※手続費用のお支払は振込でも結構です。

  5. お客様に裁判所へ書類を提出して頂きます。
    ※当事務所で提出代行も承ります。

  6. 手続完了。
    ※裁判所での手続きは終了までに約1ヶ月前後掛かる場合があります。


費用について


詳しい費用については、こちらをご覧ください。