住宅ローン完済後の抵当権抹消

銀行で住宅ローンを完済したら、法務局で抵当権抹消登記が必要です。住宅ローンを完済しても、抵当権は自動的には消えません。

抵当権が付いたままでは、ご自宅を売却することは出来ません

ご自宅を売却する場合、抵当権が付いたままでは誰も買ってくれませんので、予め抵当権を抹消しなければなりません。

銀行から渡される書類には3ヶ月の期間制限があります

住宅ローンを完済すると、銀行からいくつもの書類を渡されますが、その中には3ヶ月の期間制限がある書類があります。3ヶ月を過ぎると、新たに書類を取り直さなければなりませんので、余分な費用がかかります。

抵当権抹消手続の流れ

  1. 当事務所へ来所又はTEL、メールにて相談受付。

  2. 必要書類に押印頂きます。その際、手続費用を頂戴致します。
    ※手続費用のお支払は振込でも結構です。

  3. 法務局へ登記申請。手続き完了
    ※法務局での登記申請は終了までに約10日前後掛かります。

費用について

抵当権抹消登記に掛かる費用は大きく分けて3つあります。①登録免許税(不動産1件につき1,000円)②当事務所の手数料③その他の費用(登記事項調査費用、登記完了後の登記事項証明書(登記簿謄本)取得費用)です。

種類 手数料 実費
抵当権抹消 10,000円 不動産1件につき1,000円
(登録免許税)
その他の費用 0円 不動産1件につき約1,200円