不動産の名義変更

不動産を取得したら、名義変更の登記が必要です。登記をしないと、せっかく手に入れた不動産を失うことになるかもしれません。ここでは、代表的な不動産の名義変更について、ご紹介します。

遺産相続

不動産の所有者が亡くなった場合、名義変更の登記が必要です。登記をしなければ、いざ不動産を売却したい時にも、売る事が出来ません。
故人の不動産の名義変更は、大きく分けて2つの方法があります。

遺産分割協議

誰が不動産を取得するか相続人全員で話し合いをして、不動産の名義変更の登記をします。
遺産分割協議へ

相続放棄

不動産を取得する相続人以外の全員が相続放棄をして、不動産の名義変更の登記をします。
相続放棄へ

贈与

口約束の贈与は、撤回が出来ますので、不動産を貰ったら、名義変更の登記が必要です。
その際、贈与税が心配だと思いますので、夫から妻へ自宅を贈与する場合等、贈与税の優遇制度をご紹介します。

住宅ローン完済後の抵当権の抹消

銀行で住宅ローンを完済したら、抵当権抹消登記が必要です。住宅ローンを完済しても、抵当権は自動的には消えませんのでご注意下さい。

離婚 財産分与

不動産を妻の名義に変更するには、夫の協力が必要となります。離婚することが決まったら、夫の気が変わる前に、速やかに準備が必要です。

売買

せっかく不動産を購入しても、登記をしていなければ、二重売買されてしまうかもしれません。もしも、この様な二重売買に巻き込まれてしまった場合、先に不動産の名義変更の登記をした人が勝つことになっていますので、被害を受けない様に、不動産を購入したら、速やかに不動産の名義変更の登記が必要です。