遺産相続 相続人が1人の場合

相続人が1人の場合でも、不動産の名義変更の登記が必要です。他に相続人がいないからと言って、この名義変更の登記を省略して故人の不動産を売却したり、抵当権を抹消したりすることは出来ません。 しかし、相続人が1人の場合、手続は比較的簡単です。
お客様には、以下の書類を事務所にお持ち頂くだけです。

必要書類

・亡くなられた方の死亡した旨の記載のある戸籍(除籍)謄本と住民票の除票
・お客様の戸籍謄本と住民票
・固定資産評価額証明書

相続人が1人の場合の遺産相続手続の流れ

  1. 当事務所へ来所又はTEL、メールにて相談受付。

  2. 当事務所で、故人の除籍謄本・改製原戸籍謄本の収集。

  3. 当事務所で作成した必要書類に押印して頂きます。その際、手続費用を当事務所へお持ち下さい。
    ※手続費用のお支払は振込でも結構です。

  4. 法務局へ登記申請。手続き完了。
    ※法務局での登記申請は終了までに約10日前後掛かります。

費用(相続人が1人の場合の遺産相続手続)

当事務所では、故人の除籍謄本・改製原戸籍謄本の収集をまとめて代行させて頂きます。(故人の住民票の除票、相続人の住民票・戸籍謄本、固定資産評価額証明書はお客様にご用意いただきます。)


詳しい費用については、こちらをご覧ください。